迷惑を掛ける結婚相談所

人気記事ランキング

ホーム > 注目 > メールレディで開業は出来る?開業届出した方がよいの?

メールレディで開業は出来る?開業届出した方がよいの?

メールレディで稼げるようになったら


メールレディで開業できるのか
気になりますよね。

メールレディは、会社のような雇用関係ではなく、個人事業主です。

個人事業主は開業届を提出する必要があります。

また、開業すると青色申告ができるため、節税にもつながります。

青色申告について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

結論から言うと、メールレディとして開業することは可能です。

私も今年からメールレディとして個人事業主になり、実際に開業してみました。

今回は、メールレディとして開業するための手順を紹介します。


主婦が感じる開業の最大のメリット


開業のメリットは

ポイント
青色申告ができるので、節税になる。

でも、私が感じている最大のメリットはこれ!

であります。

ポイント
在宅で仕事をしながら子供を保育園に入れることができる。

メールレディは個人事業主なので、働いている方と同じです。

自治体にもよるとは思います。

しかし、私の住んでいる地域では、開業することで子供を保育園に入れることができました。

すごいサイクルですね
開業→子供を保育園に入れることができる→幼稚園より時間が長いので、メールレディの仕事を長時間できる→収入アップ!

と、正直メリットだらけです。

私の住んでいる地域では、以下の2つの書類が必要でした。

(1)在職証明書

(2)直近2ヶ月の給与の送金がわかる書類

(1)の在職証明書は、どこの自治体でももらえるので、書式に従って自分で記入します。

ここで問題になるのが、②直近2ヶ月の給与の振込を示す書類です。

メールレディは自分で送金申請しないと報酬を受け取れないからである。